離婚や離婚協議書に関する役に立つ情報を発信!

離婚に伴い不動産売却をお考えの方へ

  • HOME »
  • 離婚に伴い不動産売却をお考えの方へ

不動産無料査定実施中

離婚の増加に伴い、住宅ローンに関する問題も増えています。

離婚後に住宅ローンの支払いができなくなり、住んでいる妻が返済を余儀なくされたりしています。

離婚時は、これからの生活や養育費のことで不安いっぱいで、不動産まで考える余裕がない方も多くいらっしゃるかと思います。

また、不動産会社に離婚をするので売却したいとはいいにくいですよね。

あすかサポート行政書士事務所では、不動産事務所も併設し、離婚協議書作成相談から不動産売却までワンストップで行っております。

大手不動産会社とも提携していますのでご安心ください。

まずは、しっかりとした離婚協議書を作成し、いい形で離婚をして、離婚後もトラブルがないようお手伝いさせて頂きます。

不動産売却をお考えの方のご依頼の流れ

STEP.1 お問い合わせ
お電話またはメールにてお問い合わせください。相談の日時・場所についてご希望をお伝えください。不動産売却を考えている旨お伝えください。
STEP.2 ご相談 <不動産無料査定実施>
先ずは離婚条件や現在の状況などお伺いし、不動産をどうするか、売却する、妻が住む、夫が住むかを話合いをしながら決めます。まずは不動産の査定をしてローンが残ってしまうのか、売却益が出るかを知ることが大切です。行政書士は守秘義務がありますので、安心してお話しください。
STEP.3 離婚協議書原案作成
離婚協議書作成費用お振込み後、離婚協議書の原案を作成致します。不動産、その他の財産、養育費も含め作成します。原案作成後連絡を致しますので、内容を確認して頂き、原案をもとに当事者で再度協議してください。不安なことがありましたらいつでもご相談してください。
STEP.4 修正 <売却価格決定>
協議後、原案の修正を行います。何度でも修正可能ですのでよく話合いをしてください。この時点で、売却価格を決定し、不動産を売り出します。希望売却価格と査定価格、周辺の売却事例を踏まえ売却価格を決定します。
STEP.5 公証人との打ち合わせ
公証役場との打ち合わせは弊所で行います。また公正証書にする日程を決めますので、ご都合の良い日をお知らせください。公正証書作成時、夫婦揃っていなくても委任できますのでお伝えください。委任状を作成します。
STEP.6 公正証書作成
公証役場で公正証書を作成します。公証人から読み聞かせられますので、最終確認をして公正証書に署名押印をして完成します。委任された場合は、行政書士が本人の代わりに署名押印します。
STEP.7 不動産売却
買主が見つかり次第不動産を売却し、公正証書記載通りに財産分与を行います。
STEP.8 アフターフォロー
養育費や慰謝料の支払いが滞った場合は、いつでもお知らせください。手続きを致します。

 

離婚協議書・公正証書に関するお申込み・お問い合わせはこちら

PAGETOP
Copyright © 東京離婚協議書作成.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.