こちらのページでは、離婚によって戸籍がどうなるのかを見てみたいと思います。

そもそも戸籍とはどのようなものでしょう。

戸籍とは、夫婦、および、同じ姓を名乗る子どもごとに編成され、婚姻届を提出した時点で、男女二人の新しい戸籍が作れられます。

これが離婚をすることによって2つに分かれます。

つまり、結婚によって女性が男性の戸籍に入った場合、離婚によってその戸籍から除かれます(これを「除籍」と言います。)

逆の場合も然りですので、男性が女性の戸籍に入った場合も同じです。

除籍した方の戸籍は、結婚前の戸籍に戻るか、または、新たな戸籍を作ることになります。

尚、離婚届には、結婚前の戸籍に戻るのか、新しい戸籍を作るのかを記載する欄があり、自由に選択できます。

<離婚後の戸籍への記載例>

妻が結婚前の戸籍に戻る場合
「○○年○○月○○日、夫△△と協議離婚届出につき除籍」

新しい戸籍を作る場合
「○○ 年○○月○○日、夫△△と協議離婚届出。□□県□□(市区町村)に新戸籍編成につき除籍」

離婚後の姓(氏)について

離婚後の姓について、夫婦どちらかの戸籍から除籍された方は、基本的には元の姓を名乗ることになります。

ただし婚姻中の姓を引き続き名乗ることも可能です。

この場合、離婚成立から3ヶ月以内に市区町村役場に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することになります。

※この届出は、離婚届と同時に提出すると手間が省けます。

尚、子どもがいる場合は、原則として子どもの戸籍はそのままで、姓も変わりません。

母親が離婚して、夫の戸籍から抜けて母が親権者となる場合、自動的に子どもの戸籍も母親と一緒になると勘違いをされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

除籍した側の姓を子どもに名乗らせたい場合は、家庭裁判所に申し出を行い、「子の氏(姓)変更許可」を得る必要があります。
※子どもが15歳以上の場合、本人が改姓を拒否すれば姓は変更できません。

次に、子どもを除籍した側の戸籍に入れたい場合の手続きは、前述の「子の氏(姓)変更許可」を受けた後、入籍届けに家庭裁判所の審判書を添付して市区町村役場の戸籍課に提出します。

 

離婚協議書・公正証書に関するお申込み・お問い合わせはこちら