親権者(又は監護者)にならなかった側が、離婚後に、定期的に子どもと会って一緒に過ごすことを「面接交渉」と言います。

この子どもに会うための権利が「面接交渉権」です。

面接交渉につきましては、離婚時に具体的にどのように実行するのかなど、きちんと取り決めをおこなっていた方がよいでしょう。

  • 年、月に会える回数はどうするのか
  • 日時を決めるのは誰なのか
  • 一日何時間会うのか
  • 場所はどこにするのか
  • 宿泊してもよいのかどうか
  • 子どもの送り迎えはどうするのか
  • 日時や場所の変更は可能なのか
  • 連絡方法はどうするのか
  • 子どもの意思はどうするのか etc

※具体的な日時・場所はその都度親同士で話し合ってきめることが一般的です。

かなり細かい取り決めにはなりますが、後にトラブルが起こらないようにする為にも、きちんと書面にして残しておきましょう。

面接交渉権は、子どもに会うための権利となりますが、あくまでも、子どもの福祉を最優先に考えてあげるべきだといえるでしょう。

面接交渉権に関するQ&A

Q 面接交渉が認められない場合もあると聞いたのですが、本当でしょうか?

A 面接交渉は、あくまでも子どもの福祉に反しない限りにおいて認められいるものと言えます。よって、子どもと会わせることそれ自体に問題があるような場合には、面接交渉が認められないこともあります。

  • 子どもに暴力や虐待を加えるなど、既に裁判所から親権者としてふさわしくないと判断されている場合
  • 理由もないのに養育費の支払いを怠っている場合
  • 面接交渉によって子どもが暴力をふるわれたり、子どもを引き渡さないといった可能性があると考えられる場合
  • 子どもが自分の意思で面接交渉を拒否する場合

※そのほか、裁判所は離婚の経緯、こどもの年齢、親の態度なども見ているようです。
尚、子どもがある程度の年齢に達している場合、子どもの希望や意思も考慮されます。

Q 面接交渉の変更や取り消しをできると聞いたのですが、本当でしょうか??

A 面接交渉をめぐり、子ども巻き込んでトラブルが起こってしまうことはよくあります。
トラブルが起こった場合、家庭裁判所に面接交渉の変更、又は、取り消し調の亭申し立てを行うことによって、改めて取り決めをやり直すことができます。

 

離婚協議書・公正証書に関するお申込み・お問い合わせはこちら