コラム5ペットと離婚

ペットと離婚

最近離婚の相談の中で増えているのが、ペットの飼育権です。

どのご家庭もペットは子どもと同じように可愛がっています。そこで離婚問題が浮上した際このわが子をどうすればよいかということです。

よくあるパターンは、現在住んでいる家に住み続ける奥様が引き取る形ですが、引き取った後結構なお金がかかることが後々問題となることがあります。

食事代、トリミング、病院代などなど・・・人間以上にお金がかかります。

しかし、現在日本ではペットは物と一緒の扱いであり、養育費ではなく財産分与の対象となります。


少し悲しいですよね。


でも大丈夫です。離婚協議はお互いの合意の上決定することができます。養育費として当然には請求はできませんが、話し合いで飼育費として毎月いくらという合意はできます。

当事務所でもペットの取り決めを公正証書にしていきます。 子どもと同じように引き取りをしなかった方も毎月定期的に会うということも可能ですし、飼育に関する費用として毎月支払いを決めたり、離婚の際に一括して支払いをしたり、離婚後もお互いのペットが幸せに生きていくことの協議内容を書面にしていきます。

出来れば離婚しないことが一番ですが、長い人生すれ違いもありますので、そうなった場合は、なるべく子どもやペットの幸せを優先に考えていきたいですね。

お問い合わせはこちら
BOTTLE VOICE

BOTTLE VOICE

誰かに相談したい・話を聞いてもらいたい、そんな時カウンセラー/コーチとあなたをつなぐサービスです。弊所へ来られる方で離婚以外の悩みがある方はこちらをお勧めていますがたいへん好評です!是非ご利用してみてはいかがでしょうか。