協議離婚は、裁判所などの第三者の介入の必要はなく、あくまでも夫婦の合意により成立します。 そのため、話し合いの際に取り決めた約束事が、離婚後にきちんと遂行されるかが問題になります。

特に財産分与、慰謝料、養育費といったお金のこと、親権・面接交渉といった子どものことが離婚後に問題として浮上してくる場合が多いです。

離婚後にこのような問題が起こることを防ぐためにも、約束事は必ず文書にしておきましょう。

下の離婚協議書のサンプルは、(親権)(養育費)(財産分与・慰謝料)(面接交渉)についての取り決めを文書にした際の雛形です。

是非、参考にされて下さい。

離婚協議書(例・サンプル)

行政太郎(以下、「甲」という)と、行政花子(以下、乙という)は次のとおり合意した。

第1条 (協議離婚の合意確認)
甲と乙は本日、協議離婚することに合意したので、離婚届に各署名捺印し、甲がすみやかに提出する。

第2条 (親権)
甲乙間の未成年の子、宮子(平成●●年○○月△△日生、以下「丙」という)の親権者を乙と定める。

第3条 (養育費)
第1項 甲は乙に対し、丙の養育費として、平成●●年○月から丙が20歳に達するまで、毎月末日限り金6万円宛□□銀行◇◇支店丙名義の口座に振り込みで支払う。上記養育費は、物価の変動その他の事情の変更に応じて甲乙協議の上、増減できる。
第2項 甲の乙に対する前項の養育費の支払いが遅れた場合、甲は乙に対し、支払期限の翌日から支払い済みまで、年12%による遅延損害金を付加して支払う。

第4条 (財産分与・慰謝料)
第1項 甲は乙に対し財産分与として、甲所有名義の下記不動産を譲渡することとし、平成●●年○○月△△日までに所有権移転登記手続を行い、この登記手続き費用は甲の負担とする。
第2項 慰謝料として金300万円を平成●●年○○月△△日限り支払う。

(1)兵庫県芦屋市○○町○丁目○番地
宅地250.10㎡
(2)兵庫県芦屋市○○町○丁目○番地
家屋番号 ○○番○○
木造スレート葺平家建
居宅 床面積 150.14㎡

第5条(面接交渉)
甲は毎月一回、丙と面接交渉することができ、その日時、場所、方法は丙の福祉を害さないように、甲乙が協議して決定する。

第6条
甲と乙は、本契約に定めた以外には、相手方に対し、何らの請求をしないことを相互に確認した。

協議の証として、本書を2通作成し、各自1通、所持するものとする。

平成●●年○○月△△日

住所 兵庫県神戸市東灘区向洋町中○町目○番地
行政 太郎

住所 兵庫県西宮市○○5丁目5番20号
行政 花子

離婚協議書・公正証書に関するお申込み・お問い合わせはこちら